健康診断とは

健康診断のイメージ写真

健康診断は、その時点での自分の健康状態について正確に知ることによって、生活習慣病の予防や早期発見につながる重要なものです。
より健康的で質の高い生活を送るために、定期的に医師による健康診断を受けることをお勧めします。
当クリニックでは、一般健康診断、高齢者医療確保法に基づいた特定健康診査、労働安全衛生法に基づいた企業健診(雇入時健診)を行っています。

特定健康診査

生活習慣病と呼ばれる高血圧や糖尿病、脂質異常症は放置しておくと心筋梗塞や脳卒中などの重篤な病気につながってしまいます。
特定検診ではメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目し、病気のリスクの有無を検査、生活習慣の改善につなげていくものです。対象になるのは40歳~74歳の方です。

特定健康診査項目

診察等
視診、触診、聴打診などを行います。
問診
現在の健康状態や生活習慣(飲酒・喫煙等)を伺い検査の参考にします。
身体計測
身長、体重、腹囲を測り、肥満度の指標であるBMIも計算します。
血圧測定
血圧を測り、循環器系の状態を調べます。
血中脂質検査
動脈硬化などの原因となる中性脂肪やHDLコレステロール。LDLコレステロールを測定します。
肝機能検査
幹細胞の控訴を測定し、肝機能などの状態を調べます。
血糖検査
空腹時血糖またはHbAlc、随時血糖を測定し、糖尿病などを調べます。
尿検査
腎臓、尿路の状態や糖尿病を調べます。

詳細な検診の項目(当該年度の健診結果より、医師が必要と認めた場合、実施します)

心電図検査
不整脈や狭心症などの心臓に関わる病気を調べます。
貧血検査
血液中の赤血球数、血色素量などを測定し、貧血などの血液の病気を調べます。
血清クレアチニン検査
血清クレアチニンと年齢及び性別から推算糸球体濾過量(eGFR)を計算し、腎機能の状態を評価します。
がん検診
前立腺がん、肺がん、大腸がん
肝炎ウイルス検査
血液検査により調べます。

企業健診

事業者は労働安全衛生法に基づき、労働者に対して、医師による健康診断を実施しなければなりません。
また労働者も、事業者が行う健康診断を受けなければなりません。
当クリニックでは雇入時健診を行っています。主な内容は以下の通りです。

雇入時健診

事業者は常時使用する労働者を雇い入れる際は、その労働者に対して、下記の項目について、医師による健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第43条)。

  • 既往歴、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素量、赤血球数)
  • 肝機能検査(ALT、AST、γ-GT)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査