小児整形とは

小児整形のイメージ写真

大人の整形外科と小児整形が大きく違う点は、「成長」という要素を踏まえた診療をしなければならないということです。

当クリニックでは、成長期特有の病気やケガについて、お子様それぞれの成長段階も踏まえつつ、診療を行っていきます。
学校健診で脊椎など運動器の異常を指摘されたり、本人は痛がらないが歩き方がおかしかったり、あるいは大したことはないだろうと思われるちょっとしたケガでも、将来への不安を残さないために、早めにご受診されることをお勧めします。

小児によく見受けられる整形外科領域における代表的な疾患(例)

  • 発育性股関節形成不全
  • 股関節臼蓋形成不全
  • ペルテス病
  • 大腿骨頭すべり症
  • O脚
  • X脚
  • 小児期扁平足
  • 先天性内反足
  • 脚長不等
  • 小児の骨折
  • 歩容異常
  • ばね指
  • 脊椎異常(先天性側弯症、特発性側弯症)
  • 腰椎分離症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 先天性斜頸(筋性斜頸)
  • 環軸椎回旋位固定 など

発育性股関節形成不全

これは乳児の股関節が脱臼している状態です。
以前は先天性股関節脱臼といわれていましたが、原因が先天的なものとは限らず、出生後にも誤ったおむつのつけ方などで発症することから、名称が変わりました。
昔の日本人にとても多く、また発見が遅れて治療が困難になることもしばしばありましたが、現在は育児・生活習慣の変化で発生そのものが激減し、乳児健診の充実や治療法の進歩により、早期発見・早期治療が円滑に行われるようになりました。

治療は、専用のひも型の装具を装着し、股関節を適切な位置に保つことにより整復をはかる方法が基本です。
装具による治療うまくいかない場合には、手術を検討することもあります。