骨粗しょう症とは

骨粗しょう症のイメージ写真

骨の強度が低下し、骨折しやすくなるのが骨粗しょう症です。
主に骨折しやすいのは背骨(脊椎椎体)、足の付け根(大腿骨近位部)、手首(橈骨遠位部)、腕の付け根(上腕骨近位部)などです。
背骨が体の重みでつぶれてしまう圧迫骨折は、背中や腰が曲がる原因になり、放置すると周囲の骨にも負担がかかり連鎖的な骨折も引き起こされます。
大腿骨近位部の骨折は歩行が困難になり、要介護状態になる危険性が高まります。

このように、骨粗しょう症自体に自覚症状はありませんが、それが原因となり、重いケガにつながって、生活の質を大きく落としてしまうリスクが高い病気です。
骨粗しょう症を発見するには検査が必要ですので、早期の検査、早期の発見、早期の治療が非常に重要です。

なお、骨粗しょう症を発症する人の80%は女性と言われています。
骨は常に一部を壊すこと(骨吸収)と新しく造ること(骨形成)を反復することによって強度を保っています。
女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、この骨吸収を抑制する働きがあります。
女性が閉経すると女性ホルモンの分泌が著しく低下し、骨吸収抑制の働きも作用しなくなって、骨折しやすい状態になるのです。これが閉経後骨粗しょう症です。
また、男女に限らず、加齢に伴う骨粗しょう症もあります。
こうした要因に加え、無理なダイエット、食生活の乱れ、運動不足(骨は負荷がかかるほど骨を作る細胞が活発になります)、喫煙、過度な飲酒なども骨粗しょう症のリスクを高めます。

このほか、特定の病気や服用している薬を原因とした骨粗しょう症もあります。
関節リウマチや副甲状腺機能亢進症、糖尿病などの疾患や、ステロイド薬の長期服用が骨粗しょう症を引き起こしやすいといわれています。

検査について

骨粗しょう症を診断する検査としては、問診に加え、骨の強さを判定する指標である骨密度検査をおこないます。
骨密度検査には簡便な超音波法、より精密なDXA(デクサ)法などがあります。

この他、レントゲン検査(骨折の有無を調べます)や身長測定(どのくらい縮んでいるかで判定します)、血液検査や尿検査(骨の代謝を調べます)なども実施します。

治療について

治療は、まず薬物療法です。薬は大きく3つに分類されます。
1つは前述の骨吸収を押さえることで高い骨密度を維持するための骨吸収抑制剤です。これには女性ホルモン製剤やビスフォスフォネート製剤などがあります。
2つ目は骨の形成を促進する薬で、活性型ビタミンD3製剤、ビタミンK2製剤、テリパラチド(副甲状腺ホルモン)などがあります。
そして3つ目は骨の主要な成分であるカルシウム製剤です。

これらの薬物療法に並行して、食事療法や運動療法も大切です。
カルシウムの多いもの(乳製品・小魚・大豆製品など)、ビタミンDの多いもの(鮭・サンマ・シイタケ・卵など)、さらにビタミンKの多いもの(納豆・ホウレン草など)を積極的に摂取するようにします。
アルコール・カフェインは摂り過ぎを控え、禁煙を実践します。
また骨に刺激を与えるため、日常生活に階段の上り下りや軽いウォーキングなどを取り入れます。
ビタミンDを作るための適度な日光浴も有効です。

骨粗しょう症は知らないうちに進行してしまいます。
特に50歳以上の女性は、定期的に骨粗しょう症の検査をすることをお勧めします。