痛みの治療(ペインクリニック)とは

痛みの治療のイメージ写真

「痛み」は体に何か異変を生じた際に、それを知らせる重要な役割を担っています。
多くの場合は原因となる異変(病気やケガ)が改善されるとともに痛みも軽減していきますが、いろいろな理由でその痛みが長引いてしまうことがあります。
そうすると、その痛みが新な痛みを引き起こしたり、別の部位に広がったりすることもあります。
このように慢性化した痛みは、その部分の機能の低下をもたらすだけではなく、不安感やストレスなど、精神面にも悪影響をもたらし、それがさらに別の疾患及び痛みの原因になってしまう場合もあります。

慢性化した痛みには、頭痛や肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)、筋・筋膜性疼痛、変形性腰痛症、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、帯状疱疹後神経痛など、症例は数多くあります。
当クリニックではそうした長引く痛みについて、神経ブロック注射などの局所麻酔薬による薬物療法等で、痛みを緩和する治療を行っています。
少しでも痛みがあると日常生活や仕事に支障をきたしてしまいます。生活の質を高めるためにも、慢性的な痛みでお悩みの患者さまは、一度ご受診ください。

神経ブロック注射とは

神経ブロックには局所的な麻酔薬を用いますが、その効果は一時的なものに留まりません。
麻酔によって興奮した神経を鎮め、「痛み」→「神経の興奮」→「血管や筋肉の緊張」→「血流の悪化」→「痛みの亢進」という痛みの悪循環を断ち切ることにより鎮痛効果が長続きすると考えられています。
また局所麻酔により一時的にも血流が改善されれば、発痛物質を洗い流すということもあります。
神経ブロック注射には、以下のような方法があります。

星状神経節ブロック

頸部の交感神経節へのブロック注射です。頭・顔面・頸部・肩・腕の痛みに対して多く行います。

トリガーポイントブロック

圧迫すると強い痛みを生じさせる筋肉内の部位をトリガーポイントといい、そこに局所麻酔を注射します。頸部や肩、腰の痛みに行います。

硬膜外ブロック

頸部から臀部まで、背骨がある場所で行います。背中から背骨の中に針を刺し、脊髄の外側の空間である硬膜外腔に局所麻酔を注射します。主に椎間板ヘルニアや頚椎症性神経根症、腰部脊柱管狭窄症などに行われます。

腕神経叢ブロック

頸部の横から針を刺し、神経のごく近い場所に局所麻酔注射を行います。頚椎症性神経根症や胸郭出口症候群による肩や腕の痛みに行います。

坐骨神経ブロック

臀部の深いところにある坐骨神経のすぐ近くに注射します。坐骨神経痛に行います。