リハビリテーション科とは

リハビリテーションのイメージ写真

当クリニックでは、運動器リハビリテーションを行います。
対象となるのは、脊柱管狭窄症や脊椎圧迫骨折などの脊椎・脊髄疾患、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)や変形性関節症、関節リウマチなどによる関節疾患、大腿骨骨折や、靭帯損傷、半月板損傷などスポーツによるケガ、さらには小児整形の分野まで、幅広い疾患を対象としています。

運動器リハビリテーションで目指すのは、低下した筋力や関節の可動域の改善を図り、立ち上がったり、歩いたり、階段の上り下りといった日常生活に必要な能力を取り戻すこと、あるいはスポーツ活動への復帰に必要な、より高いレベルの能力を取り戻すことです。。

当クリニックでは、運動療法および物理療法からなる理学療法にて運動器リハビリテーションを行っています。

運動療法とは

運動療法は、運動機能の維持や回復を図るもので、運動器リハビリテーションの基本となるものです。
骨折や脊椎損傷などのけがの回復期や、人工関節の手術後などに、運動療法を行います。
他にも高齢者の方が長く自立した生活を送れるために、関節や筋肉などの身体機能を維持する目的や、各種スポーツへの復帰を目指すための運動療法があります。

具体的には、関節が固まってしまうこと防ぐ「関節可動域訓練」や、病気やけがで損傷したり衰えたりした筋肉の回復をはかる「筋肉増強訓練」、立つ、座る、歩くなどの日常生活に必要な動作機能を取り戻す「基本動作訓練」などがあります。

物理療法とは

物理療法は、温熱・寒冷・電気・光線・超音波水流などの物理的エネルギーを利用した治療法です。
具体的には、頚や腰などをゆっくりと引っ張り、椎間板ヘルニア等の症状を改善する「牽引療法」、低周波の電気刺激を患部に与え、肩こりや腰痛を改善したり、筋肉の回復を図る「電気療法」、赤外線などで患部に熱エネルギーを与え、血流の改善や疼痛の軽減を図る「温熱療法」、さらには徒手による「マッサージ療法」などがあります。