予防接種とは

予防接種のイメージ写真

予防接種は獲得免疫反応を促し、抵抗力を上げて、感染を予防するために行われるものです。
ひとつの病気にかかってしまうと、免疫力が落ちている場合は、様々な合併症を引き起こし、重篤化して、著しく生活の質を落としてしまう危険性があります。
ひとつの病気を予防することで、そのリスクを軽減できますし、社会全体の流行予防にもつながります。
当クリニックでは、インフルエンザ、肺炎球菌の予防接種を行っています。そのほかのワクチンを希望される方は、個別にお問い合わせください。。

インフルエンザワクチン

毎年、非常に多くの人が、インフルエンザが原因となって亡くなっています。
多くの場合、インフルエンザは1週間~10日で症状は回復しますが、高齢者の方や呼吸器疾患、循環器等の疾患や、糖尿病などの基礎疾患がある方は、インフルエンザに感染すると重篤化し、入院が必要になる場合もあります。
また乳幼児や小児は急性脳症を併発する場合があり、後遺症が残ったり、最悪の場合は死に至ることもあります。

インフルエンザワクチンは、感染の予防効果に加え、罹患後の重症化のリスクを低減する効果もあります。
重篤な合併症や死亡のリスクを軽減するためにも、インフルエンザワクチンの接種は有効なのです。

インフルエンザワクチンに含まれるウイルス株は、その年のインフルエンザの流行状況を鑑み、毎年決定されています。
そのため、毎回予防したい場合は、毎年受けられるようにしてください。
日本では、毎年12月~翌3月頃までにインフルエンザが流行します。
ワクチンは効力を発揮するまでに約2週間、その後の持続効果は約5か月のため、11月中旬頃までに受けることをお勧めします。
なお、宇都宮市では、高齢者やお子さんを対象にしたインフルエンザ予防接種費用の一部補助を行っています。
詳しくはインフルエンザ予防接種費用の一部補助|宇都宮市公式Webサイトをご覧ください。

肺炎球菌ワクチン

高齢者の肺炎の原因として、最も頻度が高いのが肺炎球菌です。
肺炎は日本人の死因で常に上位に位置しており、肺炎で亡くなられる方の95%以上の方が65歳以上の高齢者となっています。
肺炎球菌ワクチンを接種し、肺炎を予防することは、死亡リスクを大きく低減することにつながります。
なお死亡を免れたとしても、一度肺炎にかかると肺は元に戻らず、再発しやすくなり、生活の質も大きく低下してしまいます。

宇都宮市では高齢者の肺炎球菌予防接種を行っています。
肺炎球菌の予防接種は、1年を通じていつでも受けられることができ、また定期予防接種の対象者については、一部公費負担で接種を受けることができます。
対象者となるのは、これまで肺炎球菌(ニューモバックス)の予防接種を1回も受けたことがない方で、本年4月2日~翌年4月1日に65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳になる方、および特定の条件を満たしている方です。
詳しくは高齢者の肺炎球菌予防接種|宇都宮市公式Webサイトをご覧ください。

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルスへの感染によって発症するため、水痘を経験した人にのみ、起こります。
頭部から下肢までの間の片側の一定の神経支配領域に、神経痛様の痛みを伴った小水泡が帯状に生じます。顔にできると顔面神経麻痺、内耳の障害によるめまい・耳鳴りなどが起こることがあります。
チクチク、ピリピリした痛みに悩まされることが多く、帯状疱疹後疼痛として長い間痛みが残ってしまうことがあります。この痛みは治りにくく、それが大きな問題です。
任意によるものなので、接種するかどうかは、ご本人の判断となります。帯状疱疹の発症が50~60代に多く、加齢により免疫力が低下するに従って重症化したり、帯状疱疹後神経痛になるリスクが高くなったりしてきます。
しかし、ワクチンを接種すれば、帯状疱疹の発症率を65%にまで引き下げられるという実験結果が報告されているので、帯状疱疹を予防するには50代からの接種がより重要性を帯びて来ます。

帯状疱疹ワクチン